英語教室Genius Education Academy

すべては子ども達のために、
私たちが存在しますAbout out school

世界の将来を担う子供達を最高の財産だと考える私たちは、常に子供達を最優先しています。
子どもたちの持つ無限大の可能性を信じ、その能力を最大限に引き出すことにできるように努めています。

子供達は学びの天才です。そして楽しければ楽しいほど、その吸収の速度は速いのです、
その子供達の特性を理解した上で、リズミカルで店舗の良い環境を作り、子供達の笑顔を大切に、より楽しくレッスンをし展開することをモットーとしています。
笑顔のないレッスンは、私たちの教室では考えられません

当教室の独自のプログラム

アメリカに生まれた子が英語をマスターするように、日本に生まれた子が日本語をマスターするように、自然に英語身に付けていきます。
アメリカの幼稚園や小学校で行われている活動をレッスンの中で行い、リスニング力を育てるとともに、読み、書き、会話をバランス良く行っています。

当教室の英語教育は、まず目と耳から入ります。From Ears and Eyes

日本の英語教育は、まだまだ文法と英語の暗記を主とする傾向が高くありませうが、まれたばかりの赤ん坊は、めと耳を主なインプットとしてお母さんの話す言語を習得します。第二言語(英語)習得も、第一言語(日本語)の習得方法と違う必要があるのでしょうか?
まず耳と目から、言語を「教科」としてとらえてしまうのではなく、日常の一部の「言語」として子供たちにとらえてほしい、というのが私たちの思いであり目外です。


一週間に180分
90分レッスンを週二回、合計で180分のレッスンを行っています。
・歌 ・ダンス ・カード遊び ・読み ・書き ・フォニックス ・チャンツ ・ゲームや外活動 ・運動

を子供たちが退屈しないように、カリキュラムに沿ってレッスンに盛り込んでいきます。 すべてのことは楽しく、リズムよく行われています。 子ども達は英語をたくさん聞いた分だけ、アウトプッとも出来るようになってきます。 1回90分のレッスンで、子供たちの頭を「英語脳」に切り替えます。

聞く力、話す力、読む力、書く力Listening Speaking Reading Writing

私達は、将来英語を母国語のように操ることのできる人材育成を目指しています。その為「聞く力」「話す力」「読む力」「書く力」をバランスよく伸ばしていくよう心がけています。

物事には順序があります。英語を聞きとれない子が急に英語を読んでも、実際に使えるようにはなりません。インプットからアプトフットへのサポートをしつつ、小さい子も書く力をつける前の段階で、筆圧をつける訓練なども行います。

このページの先頭へ